夏バテならぬ“冷えバテ”|Refrise昭島店

query_builder 2022/07/04
ブログ
背伸び

こんにちは・こんばんは♪

リフライズ昭島店の田村です。


コロナ禍に加え、今年の夏も本当に暑そうですね。
40℃とかが当たり前になってくるのでしょうか(*_*;
そして、最高気温が上昇すればするほど、冷房の温度は下げることに。

夏は特に「夏なのに冷える…」という悩みを持つ人が多いみたいです。

本来、夏の身体は暑さを待っているみたいです。夏の間にたくさん汗をかいて、

身体の毒素を出して、ついでにストレスも出して、すっきりして秋を迎えるのです。

 しかし、現代は1日の多くの時間を冷房の中で過ごしてしまいます。

熱中症にも気をつけなければですが、長時間冷房の中にいると、冷えますよね。

すると、身体は「えっ?これはもしや今は冬に向かってるの?」と、勘違いしてしまうのだとか。

 すると、狂うのは〈自律神経〉。自律神経は、自分でどうすることもできない神経です。

 暑さや寒さに敏感で、暑ければ、熱を逃がそうと汗腺ひらいて、汗を出して、

体温を下げてくれて、寒ければ、毛穴閉じて、冷気が入ってこないように守ってくれます。

 そうした働きのもととなる〈自律神経〉は、漢方的に考えると『氣』の働きとつながります。

夏の冷えは、自律神経、『氣』の働きを乱してしまいます。

暑いのか? 寒いのか? 汗腺を開いたらいいのか? 閉じたらいいのか? 

身体はわからなくなってきます」。足だけ冷えて、頭が熱くのぼせてきたり、めまいがしたり。

身体は疲れていても眠れず、疲れが取れなかったり。

身体の内臓は冷えていてもそれに気づかず、冷たいものばかり摂ってしまったり。

そのため、お腹の動きは悪くなり、下痢または便秘になる。

 これらは、いつの間にかたまった夏の『冷え』のせい。

冷えでバテた身体は放っておくと、秋、冬の不調につながるから早めにケアしましょう。


ケアの仕方としては、

お風呂に入る、温かいものを摂る、規則正しい生活、はもちろんですが、

ガチガチのからだをカンタンにゆるめるために ガーっと力を入れて、ふっと抜く。

手をグーって握ってパーッと開く。足の指も。肩も耳につくくらい上げて、ストーンとおろす。

これだけでも血の巡りが良くなります。

個人的には気持ちも落ち着いてリラックス出来ました!
宜しければ、お試しください。



NEW

  • 無性にカレーが食べたくなる理由|Refrise昭島店

    query_builder 2022/10/21
  • 10月はお得な100分|Refrise昭島店

    query_builder 2022/10/08
  • 季節の変わり目・・・|Refrise昭島店

    query_builder 2022/09/26
  • 湿布の使い方|Refrise昭島店

    query_builder 2022/09/21
  • 寝ている時の姿勢「寝姿勢」2|Refrise昭島店

    query_builder 2022/09/10

CATEGORY

ARCHIVE